【ブサイク姿勢を撃退】きちんと坐骨で座れてる?

姿勢改善

皆さんの座り姿勢は美しいですか?

腰の曲がった姿勢、背中の丸くなった姿勢で座ってはいませんか?

 

デスクワークをする時や、何か作業に夢中になった時、ご飯を食べている時、今このブログを読んでいる時。

ふとした時に自分の姿勢に対して目を向けてみてください。

もしかすると、すごく体に負担のかかる「ブサイク姿勢」で座っているかもしれません。

 

ざっくりまとめ
【ブサイク姿勢は体と心をブサイクにする】

・血流低下による脳機能低下
・不良姿勢で筋肉や関節に負担、痛み
・慢性的な姿勢不良
・内臓機能低下で肌、精神面にダメージ
・痛みから来る自律神経の乱れ【良い座り方の第一歩は坐骨を感じること】
坐骨エクササイズをしてから座る。

 

ブサイク姿勢の体への影響

ブサイク姿勢の多くが、体が丸くなった姿勢です。

背中と腰が丸くなり、頭が前に突き出たような姿勢。

 

この姿勢は心も体も蝕みます。

まずは体から考えていきましょう。

 

背中や腰が丸くなり、背骨の上から頭が大きく前に出ていると、頭の重みが効率的に背骨に乗りません。

そうすると一部の筋肉や靭帯、筋膜などの柔らかい組織で頭を支えることになります。

それが無いと、地面に頭が落ちてしまいます。

でも、本来はそんなことしたくない、筋肉たち。

骨も含めて互いにバランスを取っていたいのに、働いていない部位があるばかりに、局所の筋肉に負担がかかります。

そして、過度な緊張を強いられ、肩こりや腰痛を招きます。

 

背中と腰が丸くなった姿勢では、お腹の筋肉(腹斜筋など)がはたらいておらず、重力に従って潰れたような状態になります。

すると、それにつられて肩甲骨周りの筋肉(前鋸筋など)も機能しなくなり、重力に従って潰れます。

それでも体を支えなければいけないので、腰回りの筋肉(脊柱起立筋)や肩甲骨周りの別の筋肉(菱形筋)が代償的にはたらき、過度に緊張し、痛みやだるさに繋がります。

 

また、肩甲骨も前に倒れてきますから小胸筋など、体の前側の筋肉も短縮してきます。

すると呼吸が浅くなり、疲れやすくイライラしやすくなったり、

慢性的に腕が上がりにくくなったりします。

ブサイク姿勢の美容への影響

「美」に「容」と書いて美容ですから、姿勢がブサイクな時点でもう美容には大打撃ですが、影響はそれだけにとどまりません。

お肌にも影響してきます。

というのも、背中と腰の丸くなったブサイク姿勢では内臓機能が低下するからです。

肌は内臓の通知表です。

内臓の状態が悪いと、必ずと言っていいほど肌も荒れます。

どんなに良いスキンケアをしても、内臓の働きが悪ければ意味がありません。

 

特に腸!!

 

内臓は、お腹の中でぶらさがっているだけで、姿勢によって位置や圧迫具合が変わります。

腸もそう。

背中と腰の丸くなった姿勢では、腸が圧迫され、蠕動(ぜんどう)運動という腸の動きが制限されます。

腸の動きが悪くなると、便秘を招きます。

便秘になると悪玉菌の増加や有害物質の滞留が起こります。

腸で発生した有害物質は、血流にのって肌まで到達。

肌荒れを招きます。

 

さらに、姿勢が悪いとリンパの流れも悪くなり、老廃物が抜けにくくなります。

リンパのマッサージが美容に良かったりしますが、そもそも老廃物がたまりすぎないように心がけることの方が根本解決になります。

ブサイク姿勢の心への影響

ブサイク姿勢は先に述べたように腸の働きをダメにします。

腸には脳の次に神経が多く張り巡らされています。

また、体内で分泌されるドーパミンやセロトニンといった情緒に働きかけるホルモンの9割は腸から出ています。

これらのホルモンのバランス崩壊や、自律神経系の乱れは精神を不安定にします。

 

【精神が不安定だと心も体もダメージ】
精神が不安定だとストレスフルになる。
ストレスが続くとさらなる自律神経の乱れと腸内環境悪化
→先述の美容への悪影響
→睡眠の質が低下→疲労、美容、全てに悪影響
→ずっとイライラしたり、ずっとネガティブ

 

さらにさらに、姿勢が悪いと血流も悪くなります。

そもそも座りっぱなしでいること自体が血流を悪くしますが、悪い姿勢だとそれは尚更。

血流が悪くなると、脳へ回る酸素と糖分が減ります。

つまりは脳機能が低下します。

心はどこにあるかという議論は絶えませんが、心を処理してアウトプットする司令塔は脳でしょう。

司令塔が弱った状態では、心が弱っていきます。

 

心の議論に対して疑問があっても、脳機能が低下すれば思考力が低下することは誰にも納得だと思います。

だらけた姿勢でシャキッと鋭敏な判断は下せるでしょうか。

ブサイク姿勢を整えるための坐骨

悪影響ばかり書いて脅しても仕方が無いので、解決の一歩を書きましょう。

それが、姿勢の土台を整えるということです。

 

姿勢の土台は骨盤にあります。

骨盤を植木鉢、背骨を木の幹だと仮定すると分かりやすいと思います。

骨盤の構造はこのような感じです。

 

腸骨、仙骨、坐骨、恥骨が組み合わさって骨盤を形成しています。

 

立っている時の体重は背骨から骨盤を経由して大腿骨にかかっています。

 

座っている時は、坐骨に体重が乗っています。

本来は。

 

この写真のように、体が坐骨に乗り、坐骨が地面に刺さるように接していれば問題は無いのですが、

 

坐骨が地面や椅子に当たっていない

坐骨を感じない

坐骨に体が乗っていない(腰が丸いか、反り過ぎか)

 

といった状態だと、ブサイク姿勢です。

 

これを治すために、坐骨を感じる超簡単エクササイズを紹介します。

それがこちら。

 

どうですか?

丸めたタオルをお尻の割れ目に置いて左右に体を振るだけ。

そしてタオルを抜き取ると、あら不思議。

左右のお尻にコツンコツンと骨が当たるではありませんか!

そいつが坐骨です。

坐骨の感覚を逃さないように座ろうと意識すれば、姿勢は整いやすくなります。

 

試しに、腰を丸めたり、背中を丸めてください。

坐骨の感覚が薄くなります。

ブサイク姿勢の全ての原因ではないけれど

ブサイクな座り姿勢の原因の全てが坐骨というわけではありません。

他が原因の場合も有ります。

ということだけ最後に言っておきます。

他が原因の場合も、このサイトで随時アップしていく予定です。

基本的には私もパーソナルトレーニングで個々に合わせた改善や評価をしていますから、

今回の内容は参考までに。試してみる価値はあります!

タイトルとURLをコピーしました