腸の細胞の繋がりを強くする食習慣

腸活

腸内環境を整える、もしくは腸の不調を改善するための作戦の1つに、腸壁の細胞の繋がりを強くしてあげるという方法があります。

腸壁の細胞の繋がりが弱いと、免疫力の低下、肥満の誘発、お肌のトラブルに繋がってきます。

 

たとえ今腸壁の細胞に不調が起きていなくても、今後起こりにくい腸にするために、

今回ご紹介する食事を試してもらえると良いなと思います。

腸壁の繋がりって?

腸内環境が悪くなると、腸壁が疲弊し、細胞の繋がり(タイトジャンクション)が脆くなります。

腸壁の細胞は、隙間なく繋がっていますが、この構造が脆くなると、細胞と細胞の隙間から普段は通るはずの無い物質(*)が通り抜けてしまいます。

食品に含まれる物質、花粉、細菌、ウイルスなど。

 

【腸は体の外?!】
食べた物は口から食道を通って、胃や腸にたどり着きます。
これを消化管と呼びますがそこはまだ体の外であると考えられます。
イメージはこんな感じ。洞窟とかトンネルって思ってもらうと分かりやすいです。

 

本来は必要な栄養素や水分だけが「体の中」へ吸収されていきます。

ウイルスや細菌、花粉、未消化の栄養素などの異物は「体の中」に入らずここでブロックされています。

ですが、腸内環境の悪化で、細胞同士の繋がりが脆くなると隙間ができて、異物が「体の中」に入ります。

体の中に入る、すなわち、これらの物質が血管に侵入してしまうと、

アレルギーや感染症にかかりやすくなるなどのトラブルに見舞われることがあります。

 

脂肪がつきやすくなる?!

これ、意外と知られていないのですが、腸壁の細胞の繋がりが弱いと脂肪がつきやすくなるという説があります。

まあ、そもそも腸内環境が悪くなるよような食べ物は太りやすいものが多いのですが(笑)

 

それはともかく、

腸壁の細胞に隙間が増えると、LPSと呼ばれる細菌成分が体内に入ることがあります。

この成分は脂肪細胞から出るアディポカインの1つである、リポカリン2の産生量を下げるとされています。

リポカリン2の産生量が減少すると太りやすくなるのではないかと考えられています。

今後の研究に期待ですね。

【リポカリン2】
肥満やインスリン抵抗性に関係する炎症マーカー。
インスリン抵抗性が高くなると、筋肉へ糖を吸収しにくくなり、糖尿病に繋がったり、余計な糖を脂肪として蓄えやすくなる。

 

対策となる食習慣①:炎症を起こしやすいものを控える

タイトジャンクションが弱くなり、体内に異物が入ると炎症が起こります。

炎症が起こるとさらに腸壁の細胞が弱くなります。

こういった炎症を起こす食べ物を控えることで腸壁の細胞を労りましょう。

グルテン

グルテンとは、小麦に入っているタンパク質です。

なので、パンや麺類、スナック菓子やケーキなど小麦粉からできている食べ物にグルテンは含まれています。

グルテンを形成するグリアジンは本来腸壁を通過して体の中に入ることはできませんが、タイトジャンクションが脆くなっていると

通り抜けることができます。

すると、その場で炎症を起こしたり、アレルギー反応をを起こす場合があります。

しかも、腸壁の細胞にグリアジンが付くと、ゾヌリンという物質が放出されます。

ゾヌリンはタイトジャンクションを弱くしてしまう働きや、脳内で「小麦中毒」とでも言える反応を引き起こします。

 

グルテンフリー、つまり小麦粉を完全にシャットアウトした食生活も良いと思いますが、完全にシャットアウトはなかなか大変。

「ちょっとお腹が重いなあ」「お通じに異常があるなあ」「最近食べ過ぎたなあ」など、心当たりがある時だけでもグルテンを控えてもらえれば良いと思います。

カフェインやアルコール

カフェインやアルコールを習慣的に飲んでいる人は多いと思います。

私もコーヒーは頻繁に飲みます。

コーヒーやお酒に含まれるカフェインやアルコールも腸壁の細胞に炎症を生じさせ、タイトジャンクションを弱らせてしまいます。

コーヒーやお酒を絶てと言うわけではありません。

飲み過ぎが良くないのです。

自覚がある方は1杯減らすことからスタート。

そうじゃない方も、お腹の調子が悪い時はカフェインやアルコールを控えてみてください。

 

対策となる食習慣②:炎症を抑えるものを食べる

炎症を起こし、腸壁の細胞にダメージを与えてしまう食べ物を控えるだけでなく、炎症を抑えて腸壁の細胞が修復されやすい腸内環境を作る食事も効果的です。

オメガ3系脂肪酸

オメガ3系脂肪酸は、お魚に多く含まれています。

お魚に含まれるDHAやEPAがオメガ3系脂肪酸で、炎症を抑える働きがあります。

お魚以外にも、ナッツ類(特にクルミ)に多く含まれており、積極的に摂りたいものです。

「脂肪酸」と言うと「脂肪=太る」というイメージかもしれませんんが、そういうわけではありません。

脂肪酸は生きていくうえで必要な物質ですから、多すぎず少なすぎず、摂取したいですね。

さすがに摂りすぎると太ります。

それはタンパク質でも糖質でもそうです。

ケルセチン

ケルセチンという名前は聞き覚えが無い方が多いと思います。

ケルセチンは玉ねぎに含まれるポリフェノールの一種で、これも腸壁での炎症を抑えてくれる働きがあります。

ケルセチンは他にも脂質代謝を改善したり、抗酸化機能を発揮したり、日光によるシミやシワを改善する効果も期待できます。

最後に

腸壁の細胞の繋がりが弱いと、免疫力の低下や、肌荒れ、腸内環境のさらなる悪化、アレルギーなど様々なトラブルが起こります。

食事は意識しすぎるとストレスになるので、逆効果。

ちょっと体調や肌が気になった時だけでも意識してみてはいかがでしょうか?

 

 

タイトルとURLをコピーしました