【残酷かつ簡単な真実】この世は行動と変化でできている

スピリチュアル

スピリチュアルと言うと、フワフワしたイメージがありますが、今回の内容は地に足つけて現実をしっかり生きていくためのお話です。

 

ずばり、

「この世界は行動による変化でできています」

 

これは自分自身の経験からも言えることですし、いろんな人を見ていても感じることです。

結局は行動するしかありません。

 

「だから全員行動しろ!」と言っているわけではありません。

現状に不満がある人、満足していない人、変えたい人、他人が羨ましい人、毎日文句ばかり言っている人。

そんな人に言いたい。

そして読んでもらいたい。

 

どんなに現状が過酷だろうとも、恵まれない境遇であろうとも、

時間は進んでいくし、突然誰かが助けてくれることも、勝手に運がよくなることもありません。

自分が一念発起し、小さくても良いから行動を起こすしか現実の世界を動かすことはできません。

 

なぜ悪いことばかり起こるんだろう、恵まれないんだろう。

そろそろ報われても良いだろう。

残酷ですが、そう願っているだけでは何も変わりません。

 

スピリチュアルにハマって、神様に願いまくっても変わりません。

ちなみに神様は自分自身の内にいます(これはまた今度として)。

 

パワーストーンやパワースポットのご利益にあやかろうとして、

集めたり、巡ったりしまくっても、それだけじゃ何も変わりません。

得たパワーを自らの行動で放出してこそ現状が変わります。

周りはあなたを気にしていない

何か成し遂げる人や、幸せに生きている人はとにかく行動力が凄い。

 

彼らは「どうしようかなあ」と言っていても、

「行動するかしないかどうしようかなあ」ではなく、「どうしようかなあ(どんな方法で行動しようかな)」なんです。

 

行動するにあたって、

やらない理由、できない理由はすぐに見つかります。

 

さらに、

失敗したらどうしよう

恥ずかしい目にあったらどうしよう

 

そんなネガティブな気持ちも湧きやすいのが大多数の人間です。

不安や恥じらいといった感情は、行動を起こす障壁になりやすいです。

でも安心してください、

あなたが思っているより、他人はあなたのことを気にしていません。

 

成功したら、「よかったね」

失敗したら、「残念でしたね」

ちょっと笑ってはいおしまい。

 

物事はいきなり上手くいくわけがありません。

失敗することが最も手軽に教訓を得ることに繋がります。

みんながみんなすぐに成功したら、この世は成功のインフレになります。

そうならないのは、行動する人だけが失敗からたくさん教訓を得て成功しているからに他なりません。

 

行動で成立する世界

この世界は行動で成立しています。

朝起きる。

ご飯を食べる。

お仕事をする。

お昼を食べる。

昼寝する。

 

全てあなたが行動をすることで、何かしらの結果を得ています。

 

また、この世界は一瞬たりとも「同じ」ではあり得ません。

あらゆる生物や物体は絶えず変化をしています。

そこには、「あなた」という単位での行動も関係していますし、

あなたの細胞という単位での動きもあります。

さらには、物質を構成する(今のところ)最小単位の素粒子のレベルでも万物は絶えず揺らぎを持って変化しています。

 

1秒前と同じ世界を再び再現することは不可能です。

 

変化すなわち動き。

そもそも行動による変化によって世界は成立しています。

 

この世に存在している限り、あなたを構成する何かしらが絶対に動いているので「全く行動を取らない」というのは無理です。

では「行動しない」とはどういうことか。

 

行動による変化

それは「今と同じ行動を漫然と行わないこと」ではないでしょうか。

「今日も私は不幸だ」と嘆いて努力をしない。

これも、「行動」かもしれませんが、1秒後にやってくる変化した世界も、似たような世界でしょう。

 

一方で

「よし、やるしかない」と決めて現状を打破すべく、一歩踏み出したとします。

すると、1秒後にやってくる世界には先ほどよりは変化が出るはずです。

それを積み重ねていくのです。

そのうちに大きな変化となります。

 

物質も見えない世界も、全て繋がっています。

あなたが行動を起こし変化を求めることで、動きのパターンが変わるはずです。

運という形でやってくることもあるし、自分の肉体や精神に変化が出ることもあるし。

 

残酷ですが、「放っておけば勝手に上手くいく」とか「見えない力(神や仏)にさえ祈っておけば上手くいく」だなんてことはありません。

もし見えない存在の力があるとしても、行動して変化を起こそうとしなければ加護もへったくれもありません。

強烈な力を得ても、何もしなければその力は発揮されません。

あなたが何かをして初めて力になり、現状が変わります。

最後に

なぜ、不幸な人と幸福な人がいるのか。

どんなに辛い境遇でも「幸せだ」と言える人がいて、

どんなに恵まれたように見える環境でも「不幸だ」と言う人がいる。

 

この世界や今生きている現状をどう捉えるかは、個人の思考やマインド次第なところがあります。

「生まれてこれただけでも幸せだ」というマインドを持つこと。

これも一つ行動なわけです。

あなたが見えている世界とその他の人が見えている世界は異なります。

であれば、幸せに生きるためのキーは自分の世界を変えることです。

 

現状に不満を言い、他者に何かを求めるだけでは、幸せになれません。

自分が何をするか。

今までの人生で、不満や妬み嫉み悪口を言ってきたその膨大なエネルギーを自分の為に使おうというマインドになり、現状を変えようとする行動に出ない限り、死ぬまで文句を言うことになります。

 

 

やるかやらないか。

シンプルです。

20代の僕でも気づけた簡単な真実です。

渋っちゃいけません。

今が不満なら、やるんです。

やるかやるか。

悩むべきは「どうやってやるか」

エネルギーの使い道はそっちです。

そして試行錯誤の中、もがくのです。

 

タイトルとURLをコピーしました