あなたの腕はどこから動いていますか?

姿勢改善

皆さんの腕はどこから生えていて、どこから動かしているイメージを持っていますか?

このイメージのズレは、運動や日常生活における肩への過度の負担や、姿勢の歪みに繋がります。

 

少し考えてみてください。

実際の解剖学的な話(上腕骨はどこについていますか?」ではなく、動く上でのイメージです。

インスタでフォロワーさんにアンケートを取って、ご意識を聞いてみました。

みなさんはAかBどちらのイメージですか?

普段運動をしたり家事をしたりするときに腕を使う時のイメージです。

Aは、一般的に「肩」「腕のつけね」と言われる部分。

Bは鎖骨の付け根にあたる部分です。

 

腕~肩の骨を見てみよう

答えというか、一応「こっちの意識で動かして欲しい!」というのはあります。

それはBです。

 

なぜかと言うと、腕の構造上それが自然だからです。

まず骨格を見ていきましょう。

骨格の位置が変わることで、人は運動をしています。

筋肉を動かすとは、骨格を動かすということです。

 

肩周りの骨はこのような感じになっています。

 

実は、腕の骨(上腕骨)は胴体にくっついているわけではありません。

イメージとしてはぶらさがっているだけなんです。

 

まず、胴体についているのは鎖骨です。

胸骨という胸の真ん中にある硬い骨と、左右の鎖骨が繋がっており、鎖骨は肩甲骨と繋がっています。

肩甲骨は背中側で肋骨と「肩甲胸郭関節」という名前で関節になっていますが、

強くくっついているというよりは、肩甲骨が肋骨の上に乗っかっている感じです。

腕が動くときには肩甲骨が肋骨の上をすべるようにして動きます。

 

そして、肩甲骨の端に肩の関節があります。

ここで初めて上腕骨が出てきます。

つまり、胴体としっかり繋がっているのは鎖骨で、その先に上腕骨があるという感じ。

骨の端以外は胴体としっかり繋がっておらず、肩甲骨と上腕骨はぶらさがっているような感じです。

 

では、どうして腕が鎖骨から生えているようなイメージを持つべきなのでしょうか?

肩甲上腕リズム

腕を動かす際は、「肩甲上腕リズム」と呼ばれる肩甲骨と上腕骨のリズミカルな連携が必要になります。

上腕だけ動かしても、ある一定のところまでしか動きません。

もしくは、動いても骨格にとって無理な動作になり、体を痛める原因になります。

上腕骨だけでなく、土台である肩甲骨が動いて初めて人が本来持つ「腕」の機能を使い切ることができます。

リズムをつくるのは動きの意識

「じゃあ、肩甲骨を動かせば良いの?」と思いがちですが、なかなかそれでは上手くいきません。

というのも、、、、

①肩甲骨を意識するのが難しい人も多い。
②意識が肩甲骨だけに偏ると、動いてもリズムが崩れて連動が悪くなる。

 

そこで、意識したいのが鎖骨です。

先にも説明した通り、骨格の構造上、鎖骨が胴体と繋がっていて、その先に肩甲骨や上腕骨があります。

動きとしても、鎖骨は常に肩甲骨と一緒に動きます。

 

また、鎖骨は前側についていることで肩甲骨よりも意識がしやすいです。

つまり、「鎖骨を動かす=肩甲骨を動かす」といっても過言ではありません。

動きの順序としては「鎖骨+肩甲骨→上腕骨」です。

 

肩甲骨を意識しすぎてしまうと、リズムが崩れますが、腕が鎖骨から生えているイメージを持つと、
肩甲上腕リズムは人が本来持つ自然なものになります。

 

例えば腕を横から挙げる動作、解剖学的には「肩甲上腕関節と、肩甲胸郭関節が2:1で動く」と言われています。

どういうことかというと、

90°腕を挙げる(地面と平行)としたら

上腕と肩甲骨の関節で60°、肩甲骨が肋骨の上を滑って30°となります。

 

でも、これでは全然イメージが付かないと思います。

しかも、ただ角度が合えば良いというわけではなく、動きが連動するリズムも大切です。

肩甲骨を意識しすぎるがあまり、リズムが崩れては意味がありません。

 

それを手軽に最適化してくれるのが

「鎖骨の付け根から腕が生えている」

「鎖骨の付け根から動かすんだ」

という意識です。

 

騙されたと思って鎖骨の付け根から腕が生えているイメージで腕を自由に動かしてみてください。

今より大きく、楽に動くことが実感できると思います。

画像でまとめ

最後に、今回の内容を簡単にまとめたインスタストーリーの画像で復習しましょう。

皆さんの腕はBの位置から生えています!

 

タイトルとURLをコピーしました